しま接骨院ブログ

2021.04.30

もしも交通事故にあったら…

しま接骨院 島田祐輔です!

これからの時期にかけて
“交通事故件数”が大幅に増えていきます 。
旅行やレジャーシーズンで車での長距離移動が増えたり 、
普段、運転に慣れていない方が車に乗る機会が増えることで事故の発生率が増えます。

~もしも交通事故にあったら~
いくら交通事故に遭わないように心がけていても、
不意に後ろから追突されることもありますし、
いつ何があるかわかりません。
首の調子が悪くて、当院にお越しになる患者さんも、
赤信号で停まっていたら後ろから追突されて
『むち打ち症』になった方が多くいらっしゃいます。
そいういった不慮の事故に備えるために、
交通事故にあった時に具体的にどうすればよいのかを、
いまのうち学んでおきましょう。

~事故発生時~
①まず、お互いケガがないか確認し合い、身の安全を確保します。

②110番をして、事実を正確に伝えます。
 ※相手の加害者が警察を呼ぶのを嫌がるケースもありえますが、関係ありません。

③加入している保険会社へ連絡します。(被害者・加害者どちらも)
 ※保険会社によっては事故対応を代行してくれるサービスもあります。

④スマホで写真を撮るなど、事故現場の記録を取ります。
 ※事故車の状況、衝突部位、タイヤ痕、事故直後の周囲の状況など。

⑤加害者側の運転手の情報をメモします。
 ※『住所』『氏名』『年齢』『連絡先』『車のナンバー』『強制保険』『加入している任意保険会社名』

⑥目撃者がいれば、その方の連絡先(氏名、住所、連絡先)をメモします。
 ※後々で第三者として証言をしてもらう必要が発生する可能性があるため。
(以上、面倒ならばスマホ等でずっと録音しておきましょう)

~病院での診察~
⑦【必ず】病院(整形外科・外科・総合病院)で診断を受けます。
 ※事故直後には問題なさそうでも、後日、後遺症がでる恐れがあります。

⑧医師の診断書を発行してもらいます。
 ※きちんと「診断書を発行してください」と医師の先生に伝えましょう。

⑨診断書を警察に届けましょう。
 ※これではじめて物損事故から人身事故扱いになります。

⑩きちんと完治するまで病院および接骨院へ通院しましょう。
 ※「保険の適用期間が終了する」等の保険会社のウソに騙されないように。。

以上の10ステップです。
※記憶力に自信のない方は、このメールをきちんと保存しておいてください!

■困ったら『しま接骨院』に相談しましょう!!
当院は交通事故の治療はもちろん、
事故の周辺対応(保険相談等)にも熟知しております。
あなた自身が事故に遭われた際、
もしくは、
ご家族やご友人が事故に遭われた場合でも、
お気軽に当院へご相談ください。
当院での相談料は【無料】です。
なお、当院での交通事故治療(自賠責保険)は、
自己負担0円で、受けることができます。

▼お問い合わせ先
しま接骨院
〒420-0839
静岡市葵区鷹匠1-4-1 R佐野ビル1F
☎ 054-204-4636

2021.03.16

当院の強み

当院には、
アスリートもわざわざ遠方から通い、
リハビリやトレーニングに励んでいます。

また、
一般の方でも、他の整骨院や整体院等に通っていて、
長年マッサージや整体を受けていたけれど
一向に良くならなかったという方々が、
独自のトレーニング法(身体の使い方や姿勢矯正など)に
取り組むことで、多くの方が膝や腰の症状などを改善しています。

何より、
整体やマッサージ等を受けられる治療院でありながら、
本格的なリハビリやトレーニングも受けれるというのは、
当院だけの特徴です。

看板には「リハビリ」と書いてあっても、
実際にはマッサージや電気治療しかしないような整骨院も多くあります。
そんなのはリハビリではないし、良くもなりません。

また、運動施設は設けられてはいても、
リハビリやトレーニング指導のノウハウがまったく伴っていない
施設も非常に多いのが現実です。

当院は、アスリートにも、医師にも指導している実績があります。
リハビリ、トレーニング、なかなか改善しない関節や筋肉の症状等、
何かお悩みのことがありましたら、
ぜひ安心して当院にご相談頂ければと思います。

当院では、他の整形外科や整骨院では改善がみられなかった方や、
予防も見据えてしっかりと治したいという方に丁寧に対応します!

2021.01.19

今年は!!

今年、皆様にご提供したいなって思っていることがあります!

ストレッチ動画配信

簡単に出来るセルフストレッチ動画を配信します。

・腰痛の人は

・肩こりの人は〜

・膝痛の人は〜

って感じに個別に動画をお渡しできたらなと思っております。

ヨガインストラクター

なんと私、ヨガインストラクターになります(/ω\)

昔は柔らかかったのですが…

今は…( ;∀;)

これも動画配信などでお伝えできたらと思っております。

グアシャ

「グアシャ」は「かっさ」とも言われ、

2500年前から中国でおこなわれてきた民間療法です。

「刮痧(かっさ)療法」が原点。

気の滞りを解消したり、血流の流れを促進。

または、老廃物の除去を促す効果などがうたわれています。

・筋膜のクロスリンクによる痛みや可動域制限からの解放

・隣り合う組織間の癒着を解消

・筋膜内のコラーゲン組織の伸長性の改善

今年も皆様に健康をお届けいたします。

2021.01.14

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

って2週間も過ぎてしまった…(/ω\)

本年もよろしくお願いいたします。

新年、靴を新調される方も多いのでは??

これまでも沢山の相談を受けてきました。

という事で、

今日は皆さんに靴選びの重要ポイントをお知らせします!!

これは最悪です。。。

まあま良い。

これが理想的(/・ω・)/

何故か??

理由を知りたい方は、ご質問ください。

あくまでも、私の考え方なので、ご理解ください。

足型は十人十色、その方に合った靴が良いのでしょうが、

私の考え方では、全ての方は最後の写真がベースです。

そこからの、個別調整かと思います。

最悪の靴に私が販売しているインソールを着用しても、その能力を完全に発揮できません。

靴選びのご参加になれば幸いです。

2020.12.04

年末年始のお知らせ

『年末年始のお知らせ』

寒さも本格的になり、
街はクリスマスモードですね(/・ω・)/
イルミネーションもそこら中でキラキラしています♪
鷹匠商店街も寂しいですが、
イルミネーションがあります。笑

年末は、28日(月)まで営業しております。
年末の予約も入り始めました(=゚ω゚)ノ
ご都合がわかる方は早めのご予約をお願いいたします!
良い状態で新年を迎えられように…


年始は、4日(月)から営業いたします。

身体も心も整えてコロナにも負けないよう万全状態に!
正月も仕事だった( ;∀;)
という方も是非、身体を整えて疲れが出ないように!

師走は日ごろ慣れない仕事や用事などが立て込みますので、皆様、体調を崩さないように気を付けてお過ごしください。

2020.10.16

かかと体重(R)で歩くと脚の悩みが改善する理由

「かかと体重(R)」で歩く方法(別名:プライマリーウォーキング(R))は、
むくみや下肢静脈瘤をはじめ、腰痛やひざ痛、股関節痛、肩こり、猫背、O脚・Ⅹ脚、外反母趾なども改善できます。

この歩行方法の特徴は、「鍛えない」「がんばらない」「力を入れない」の3つ。
街中を歩いている人を見てみると、多くの人が“使う必要のない筋肉”を使って歩いています。
このような歩き方を長時間続けると疲れがたまります。
しかし、かかとに体重を乗せる歩行方法では、ムダに筋力を使わなくてすむため、疲れにくくなっています。

私たちは〝正しい歩き方〟というものを義務教育で教えられているわけではありませんが、
運動会の行進の練習では、ひざを前に高く上げて歩く「行進歩行」を指導されます。
そのため、「行進歩行=正しい歩き方」と捉えている人も少なくありません。
しかし、じつはこの「行進歩行」、ひざを高く上げて歩くという行動は、ひざや腰、股関節への負担が大きく、脚を痛めやすいのです。
ほかにも、つま先に体重をかけて前かがみや反り返って歩く人も多いのですが、
この歩き方は、骨格のゆがみを引き起こし、血管やリンパ管を圧迫したり、ひざや股関節の変形、猫背、腰痛、むくみなどを誘発したりする原因になります。
これまで多くの人が当たり前だと思ってきた歩き方が、脚はもちろん、身体そのものに負担をかけているのです。

また、「筋力が落ちてひざが痛むので、トレーニングして筋肉をつけなければ…」
と考えて筋トレに勤しんでいる人、とくに高齢者の方に多く見られるのですが、本当に筋力を上げることが重要なのでしょうか。
よく考えてみてください。
赤ちゃんは筋力が弱くても、立てますし、ひざの痛みはありません。
つまり、少ない筋力でも、うまく身体を使えれば、ひざの痛みもなく身体を動かせるということです。

かかとに体重を乗せて歩く「プライマリーウォーキング(R)」の根源は、
「赤ちゃんが最初に歩いた」、「ヨチヨチ歩き」、「幼児歩行」などからきており、
この赤ちゃんの歩き方に着目した、より少ない筋力で効率的に歩く方法なのです。
そのため、身体に痛みがある人や筋力が弱い高齢者、ケガや手術後のリハビリ中の人にもオススメしています。

かかとの上に重心位置を置くと、重力に対してまっすぐ立てるようになり、骨格のアライメント(構造・バランス)が整います。
具体的には、傾いていた骨盤が正しい位置に戻ったり、関節の可動域が広がったりなど。
さらに、股関節のアライメントが整うことで、
それまで骨格のゆがみによって圧迫されていた鼠径部(そけいぶ)の血管やリンパ管がもとの状態に戻り、脚や腹部の血流が改善され、
筋肉のこわばりがゆるみ、代謝機能も向上します。
その結果、股関節やひざの負担が減り、歩いていても疲れることがなくなるのです。

荷重する位置が前から後ろに移動することで、
体全体のバランスも整い、ゆがみや猫背の改善にもなり、骨格が本来の正しい位置へと戻ります。

姿勢を美しく見せようとして、腰を反らせたり、胸を張ろうとしたりする人がいますが、これはNG。
どこかが突き出ると、重心の位置をもとに戻そうとして他の部位をずらしてバランスをとるため、
骨盤や脚を地面に対して垂直に保てなくなってしまいます。
猫背やひざを上げて歩く歩き方も同様です。
立つときも歩くときも、骨盤を立てて股関節をまっすぐ伸ばすよう、心がけましょう。

2020.08.24

「うつ伏せ」「仰向け」「横向き」カラダにいい寝方はどれ?

寝方は人それぞれ好みがありますが…
「うつ伏せ」「仰向け」「横向き」と寝方がありますが、どれが良いのでしょうか。。。

『うつ伏せ寝』
疲れていたり、酔って帰宅してそのまま寝てしまうと、この姿勢になってしまうことが多い。。。

この寝方は胸部を始め様々な場所を圧迫するため、リンパがスムーズに流れなくなり、むくみやすくなるとの指摘がある。

そして、長時間 腰が反っている状態は腰痛を誘発するし、さらにはO脚も招くおそれも。

また、顔を押し付けた姿勢が顎関節症や歯並びにも影響するという。

しかし諸説あり、リラックス度や呼吸の深さは他の寝方よりも大きいとも言われる。

『仰向け寝』
仰向けは血栓のできにくい健康的な寝方とされており、手足を広げることで放熱を高めて深いリラックス感が得られる。

そして、他の寝方に比べると内臓にかかる負担も少ないのだ。

また、枕の高さにもよるが、首のシワが最も付きづらい寝方でもあり、エイジングに気を遣って首までスキンケアをしているメンズにはオススメの寝方だ。

しかし、仰向け寝も腰に負担がかかるデメリットがあるという。この点を頭の片隅に置きながら、他の寝相とローテーションしてみるのもいいかもしれない。

『横向き寝』
横向きと言っても右向きと左向きがあるが、大まかに分類すると、右向きの寝方は腸の働きを助け、左向きの寝方は心臓の働きを助けるといわれている。

消化器系の働きが寝ている間に整うというだけあって、健康はもちろん美肌にも効果的な横向き寝。

特に、左側は人間の体を流れるリンパの主要部分が集まっており、その巡りを睡眠中にスムーズに行えるため、デトックスにも効果的だ。

もちろん、消化器系の働きを手助けする横向きの寝方にも、片側に負担をかける寝方が顔の歪みやほうれい線が濃くするなどのデメリットがあるため、これも注意が必要だ。

どの寝方にも諸説あり、メリット・デメリットも様々です。

また、眠りの質を高める方法は寝る姿勢だけでなく、寝具の硬さ、マクラなども関係がありそうです。

島田調べ(15年間の統計)では、
寝返りを良く行う方は硬いマットレス、布団を選んでください。
寝返りが少ない方は柔らかいマットレス、布団を。

お勧めのマクラをご紹介
このマクラ凄いです!
過去のブログで紹介しましたが、このマクラは新感覚!
寝ながら首がストレッチできるのです!

次回のブログでは、マクラについて熱く語ります!

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

【寝ながら首をストレッチ+腹式呼吸で全身リラックス=新発想まくら】プライマリーウォーキング(R)ストレッチピロー

【寝ながら首をストレッチ+腹式呼吸で全身リラックス=新発想まくら】プライマリーウォーキング(R)ストレッチピロー
価格:27,500円(税込)825 ポイント

2020.07.14

ついに完成!

個人差はあるが、人間は30歳前後から徐々に筋肉量が減っていくといわれている。

一般的に運動をしないと、1年に1%ぐらい全身の筋肉がなくなり、
何も対策をしていなけれは、
60代では20代のころと比べて身体機能が40%も衰えるという研究結果もある。

1日のうち、座っている時間が長ければ長いほど心血管疾患など、
病気になるリスクが高くなるという指摘もされている。

上半身よりも下半身の筋力低下が顕著に起こることから、
下記グラフでは筋トレ習慣がある人と、筋トレ習慣がない人における膝を伸ばす力を比較している。

80代の筋トレ習慣がある人は、20代の筋トレ習慣がないに匹敵する筋力を示しているが、
一方の筋トレ習慣がない人においては30代以降”急速に筋機能が低下”していることがわかる。


ついに!
パワーラック設置しました(/・ω・)/
これで色々な筋力トレーニングができます!
スクワット、ベンチプレス、デッドリフト、ベントオーバーローイング…
構想2年半…
治療とトレーニングを融合できます!

しま接骨院では、
各種治療、整体、ストレッチ、リハビリ、筋力トレーニングなど…
すべての要素から、
患者様(お客様)にいちばん最適なものをご提案します。

整骨院(接骨院)や治療院での治療を継続していて、
「このままで本当に良くなるのかな?」
と感じていませんか…?

他院との違いをぜひ体験してみてください(*’ω’*)

2020.06.06

座りっぱなしの人ほど疲れを感じやすい?

あなたは1日のうち何時間を座って過ごしていますか?


実は、現代人は1日の約60%を座っていると言われています。

そして、
私たち日本人が1日のうちに座っている時間は、世界で一番長いという研究結果が報告されています。
さらに、1日に長時間座り続けることが死亡リスクを高めるという研究も同時に発表されています。

つまり、
私たち日本人は座り続けることによる死亡リスクが、最も高い国民であると言えるのです。

在宅勤務も増えて、1日座りっぱなしの方もいらっしゃいます。
当院の患者さんは在宅勤務になって勤務中は35歩しか歩いてないと言っておられました…( ;∀;)

『座ることがあなたを殺す』
・座りすぎが肥満や糖尿病、高血圧、がんなどの病気を誘発し、世界で年間200万人の死因になっている(2011年・WHO)

・1日11時間以上座る人は、4時間未満の人と比べ、死亡リスクは40%アップする(2012年・シドニー大学)

・1日9時間以上座っている成人は、7時間未満と比べ、糖尿病のリスクが2.5倍高くなる(2018・明治安田厚生事業団体力医学研究所)

・長時間の座位が記憶形成に関わる脳領域を薄くし、認知能力を低下させる(2018・カリフォルニア大学)

多くの研究者達が座り過ぎは飲酒や喫煙と同じくらい健康を損なうリスクがあると警告し、
「Sitting is killing You(座ることがあなたを殺す)」とまで言われているのです。

対策①
30分に一度立ち歩く

対策②
スタンディングデスクの導入

対策③
正しい座り方を身につける

しま接骨院・整体では、
立ち方、歩き方、座り方、身体の使い方を分かりやすく丁寧にお伝えします。
良い身体の使い方をすれば段々と改善していきます。

座り方の資料が欲しい方へ…
LINEで『座り方』ってメッセージしてください!

友だち追加

2020.05.19

マスクは予防になるか

静岡県は緊急事態宣言も解かれ、徐々に元の生活に戻ろうとしています。

消毒類、マスクなど品薄だった物も買えるようになってきましたね。

しかし、まだ油断は禁物です!

しま接骨院・整体院でも、感染症対策を徹底して施術しています!
・消毒液の設置
・玄関を開放し換気
・マスクの着用
・ベッドや手の触れる場所の消毒
・密にならないよう予約管理

『マスクは予防になるか』

結論から言うと…【よくわからない】だそうです( ;∀;)

非常に質の高い回答が得られたドクターのQ&A記事から…

マスクには、周囲の人間が発した飛沫が自分の鼻腔および口腔粘膜に付着するのを軽減する作用があります。

ただし、
人間を集団として見たときに、マスクの着用を全員に推奨した結果として
COVID-19感染を減らす効果が期待できるかどうかについては、
疑わしい
というのが専門家の結論です。
 
(1) マスクを着用していた群と、マスクを着用していなかった群を研究比較すると、
     マスク着用群の方が、インフルエンザや感冒に有意にかかりにくかった、という報告が複数あります。
     複数の報告で、しっかりと差が観察されています
 
(2)「よっしゃ、有意差が約束されているならキッチリ研究して論文にしてやろう」と考えて研究してみると、
    ランダムにマスク着用群とマスク非着用群を設定して比較すると、インフルエンザや感冒の罹患率に差がでませんでした。
    複数の報告で、差が出ていません
 
上記(1)の報告がニュースで取り上げられて、マスク推奨の結論が電波に乗ったことが過去にあったような気がします。
しかし、きっちり対照群をとると、上記(2)のようになります。

 
考察としては、マスクを自発的にする人は正しい衛生習慣を伴う率が高く、結果として風邪をひかなかった
マスクをランダムに割り付けた結果、衛生習慣もランダム化されたので風邪感染率の差が消滅したのであろう、ということです。
 
WHO(国際保健機関)などは、
これらの論文を根拠に、「やる気の無い人にマスクを配っても無駄」と考えているのではないかと思います。
その代わりに衛生習慣の徹底を訴えています。
 
(3) 手洗いには、感冒、インフルエンザの感染予防効果があります。
     これはきちんと証明されています。
つまり、ウイルス感染には、手指から口に入る経路が重要ということです。
 
(4) システマチックレビューでは、マスクにも予防効果があることになっていますが、
     マスク着用群の詳細な状態(手洗い、生活習慣などの衛生習慣の状態)の検討は不明なので、
     マスク単独で効果が保証されるかどうかは微妙です。
 
(5) ライノウイルス(普通の風邪)を用いた研究では、
     手と手を介した接触の方が飛沫を介した経路よりも感染率が高いという結果になっています。
島田は世間の目が怖いので、マスク着用しております!笑
重要なのは【手洗い】【なるべく手を手を口元、鼻、目に持っていかない】です!


1 2 3 4 5 6 14