外反母趾による痛み

外反母趾の症状

外反母趾の治療|静岡市葵区足の親指が小指側に向かって変形してしまう外反母趾(がいはんぼし)。親指の形が「く」の字のようになり、痛みや腫れなどの症状を引き起こします。

その結果、

  • 「親指に痛みや不快感がある」
  • 「ヒールなど、細身の靴が履けない」
  • 「痛みをかばっていたら、足首や膝に痛みが出てきた」
  • 「見た目が気になる」

など、様々なお悩みが出てきます。

外反母趾は、重度の症状の場合、病院での手術が必要となることもあるようです。静岡市葵区の「しま接骨院」では、外反母趾の痛みを軽減させる施術を行っています。

外反母趾は、年齢や性別、できる場所によって外反母趾への適切な治療は変わってきます。また、外反母趾の症状は足だけにとどまらず、膝関節や股関節の痛みに負担をかけることがあります。足のバランスが悪くなれば、次第に歩行フォームや姿勢が崩れてくるため、「肩こり・頭痛・めまい・自律神経失調症」など、全身にわたる不調が出始めます。

外反母趾と魚の目やタコ

外反母趾になると、足の指を使って地面を蹴るような歩き方ができなくなってしまいます。そうなると、足を地面に打ち付けるような歩き方になり、歩く度に足の同じ箇所が地面にあたったり、擦れたりするようになります。

局所的に刺激や圧力がかかると、その部分の角質が厚く・硬くなります。角質層は外部からの刺激や菌から体を守る役割があるため、刺激や圧力がを受ける度に、さらに分厚く・硬くなっていきます。これが外反母趾の方が魚の目やタコになりやすいメカニズムです。

外反母趾が原因で魚の目やタコが出来やすい部位
  • 小指の付け根(痛みを伴う場合があります)
  • 親指の横
魚の目やタコの一般的な対処方法
  • 靴を見直す

自分のサイズに合った靴をはく、ヒールのある靴をなるべくはかない、といった対処で治る可能性もあります。

  • 歩き方の改善

ご自身の歩き方を見たことがありますか?正しい歩き方を身につけるだけで、症状が改善することがあります。また、外反母趾の予防にもつながるため、ぜひ一度チェックしてみましょう。

  • 足を冷やさない

冷えは、靴の圧迫などの刺激をより強く感じる原因となります。末端冷え性は、ぬるめのお湯につかる、温かい食べ物・飲み物を意識的に摂取する、有酸素運動を行う、といった生活習慣の改善がおススメです。

外反母趾と肩こり・頭痛

足と肩・頭、外反母趾と肩こり・頭痛。離れた部位のため、一見関係性が無いように思われるかもしれませんが、実は密接な関係があります。

足の裏は、縦も横も中心に向かってアーチ(いわゆる土踏まず)を描くような構造になっています。このアーチは体のクッションの役割を果たしており、足に体重をかけ続けても、また、歩行時にも頸椎や背骨にショックを伝えないようにする構造になっています。外反母趾の方の多くは、この足のアーチの機能が低下しています。その結果、足から伝わる衝撃を吸収できず、ダイレクトに頸椎や背骨に伝わります。この悪循環が慢性化することで、肩こりや頭痛を発症しやすくなります。

外反母趾に加え、ストレートネックを発症している方は要注意!

ストレートネックの方は、通常よりも頸椎が湾曲しておらず、より衝撃がダイレクトに伝わります。ストレートネックはセルフケアでの改善が難しいので、専門的な治療を受けることをお勧めいたします。

外反母趾としびれ

外反母趾によって親指の付け根が突出してくると、突出部近くを通る近く神経が圧迫されます。この神経圧迫が親指にしびれ、痛みを引き起こします。

外反母趾の原因

1.遺伝

親の姿勢や歩き方、生活習慣は子も似てしまいます。そのため、親の足の変形が子も似てしまい、外反母趾になりやすくなります。

2.歩き方

外反母趾の患者様の多くは、足の指を使わない歩き方をしています。足の指を使わないので、指周りの筋肉が衰え、外反母趾の進行を助長します。ヒールのある靴やつま先が細い靴を履かなくても外反母趾になる方の多くは歩き方に問題があります。当院では正しい歩き方と立ち方についての治療を行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

3.運動不足

運動不足によって、歩き方と同様に指周りの筋肉が衰えます。

4.姿勢の問題

外反母趾はハイヒールやパンプスなど、かかとの高い靴やつま先の細い靴を履いている方がなると思われがちですが、実はそうではありません。裸足で生活している人も外反母趾になります。これは「つま先に体重がかかっている」「自分で足指を握っている」方に多く見られます。

当院では「Peek A Body」というシステムを使用し、患者様の関節をセンサーカメラによってデータ化することができますので、明確な原因に合わせて姿勢改善をおこないます。

専用のテーピングによって症状を改善

外反母趾の治療|静岡市葵区外反母趾の症状改善として、当院では外反母趾専用のテーピングによって治療していきます。

そのテーピングを施すことによって、

  • 「昔から外反母趾に悩んでいる」
  • 「浮き指の症状がある」
  • 「足裏にタコやマメがあって痛い」
  • 「巻き爪に悩まされている」
  • 「脚のむくみが毎日辛い」

など、様々なお悩みが改善できます。

足元のトラブルが無くなれば、ひざ・腰への負担は軽減され、痛みの解消だけでなく、下半身太りやO脚、むくみの原因を改善できますので、女性の方には特にオススメです。