痛みを我慢している外反母趾

外反母趾の症状

外反母趾の治療|静岡市葵区足の親指が小指側に向かって変形してしまう外反母趾(がいはんぼし)。親指の形が「く」の字のようになり、痛みや腫れなどの症状を引き起こします。

その結果、

  • 「親指に痛みや不快感がある」
  • 「ヒールなど、細身の靴が履けない」
  • 「痛みをかばっていたら、足首や膝に痛みが出てきた」
  • 「見た目が気になる」

など、様々なお悩みが出てきます。

外反母趾は、重度の症状の場合、病院での手術が必要となることもあるようです。静岡市葵区の「しま接骨院」では、外反母趾の痛みを軽減させる施術を行っています。

外反母趾は、年齢や性別、できる場所によって外反母趾への適切な治療は変わってきます。また、外反母趾の症状は足だけにとどまらず、膝関節や股関節の痛みに負担をかけることがあります。足のバランスが悪くなれば、次第に歩行フォームや姿勢が崩れてくるため、「肩こり・頭痛・めまい・自律神経失調症」など、全身にわたる不調が出始めます。

専用のテーピングによって症状を改善

外反母趾の治療|静岡市葵区外反母趾の症状改善として、当院では外反母趾専用のテーピングによって治療していきます。

そのテーピングを施すことによって、

  • 「昔から外反母趾に悩んでいる」
  • 「浮き指の症状がある」
  • 「足裏にタコやマメがあって痛い」
  • 「巻き爪に悩まされている」
  • 「脚のむくみが毎日辛い」

など、様々なお悩みが改善できます。

足元のトラブルが無くなれば、ひざ・腰への負担は軽減され、痛みの解消だけでなく、下半身太りやO脚、むくみの原因を改善できますので、女性の方には特にオススメです。