しま接骨院ブログ

2019.06.24

第19回日本抗加齢医学会

日本抗加齢医学会って知っています?
8000人を超える医師を中心とした学術会です!


6月14日~16日に行われた『第19回日本抗加齢医学会』で、
医師でプライマリーウォーキング®︎認定指導員の
ラ・ヴィータメディカルクリニック 森嶌 淳友 先生が、
『足のアンチエイジングに繋がる下肢静脈瘤へのプライマリーウォーキング®︎導入例について』
を発表していただきました。

13人の下肢静脈瘤の方にプライマリーウォーキング®を導入し、
静脈が縮小したのは10人、自覚症状では、だるさ、むくみの改善6人、
痛みの改善2人、姿勢の安定2人、そして10人とも服装に気にすることなく歩きやすさを実感されました。

医学会において、プライマリーウォーキング®︎
発表されることはとても貴重ですし、
その効果が認められてとても嬉しいです。

プライマリーウォーキングは、お子様からお年寄りまで、運動経験や体力に関係なく行える、
日常生活の延長線上にあるメソッドです。

キーワードは、「きたえない・がんばらない・力を入れない」

皆さんに自信をもっておすすめできる、簡単で、それでいて、健康への効果が大きい、身体の使い方です。

腰痛・肩こり・ひざの痛み・歩きにくさ、といった身体の痛みに関するお悩みだけでなく、
むくみやO脚・X脚、ストレートネックやぽっこりお腹など美容・スタイルのお悩みも解決できます。

生活しているうえで、いつも何気なく行っている「歩く」「立つ」「座る」動作を見直して、
もっと人生を楽しくしてみませんか?

プライマリーウォーキングにご興味のある方は、ぜひ、しま接骨院へ(*’’)
院内にて個別・グループレッスンを行っています。

2019.06.10

お悩み その③

皆さんのお悩み、その③

『猫背で悩んでる』


猫背の人は欧米人に比べ、日本人が圧倒的に多く、猫背人口の60%が日本人と言われています。

猫背はつま先体重で立っている人が、バランスをとろうとして背中を丸めてしまっているからです。また、内股になっている人も猫背になりますので、内股(O脚)をかかと体重に改善することによって猫背が伸びて姿勢が整ってきます。体重がかかとにシフトすることによって全体のバランスが整い、美しい姿勢が自然と保てるようになっていくのです。

しま接骨院では、正しい「立ち方」・「歩き方」をお伝えいたします。
正しい「立ち方」・「歩き方」をすれば、筋肉に不要な力が入らず緊張しないので、骨格のバランスが整うため、 血液やリンパの流れも整い、
代謝機能が改善してカラダがどんどん健康になっていきます。
プライマリーウォーキング®のノウハウを活かし、健康へ導きます!!

2019.06.09

お悩み その②

皆さんのお悩み、その②

『X脚で悩んでいる』

日本人のX脚の割合は特に女性が増加傾向にあります。

X脚とは膝は閉じているけど、左右の下腿部が開いてしまっている
ことで、股関節の内旋と内転が同時に起きて、
すねの部分が太ももに対して外側に向いてしまっている状態です。
つま先体重で、かつ内転筋に力が入っている人に多い症状です。
遺伝だと思って諦めてしまっている方も多いですが、
かかと体重にシフトすることによって筋肉の使い方が変わります。
X脚もO脚と同様に、かかと体重にシフトすることによって筋肉の使い方が変わります。
筋肉を使っているということは骨の位置を動かすことにつながります。不自然な筋肉の使い方を正すことで、
不適切に発達した筋肉が細くなり、骨の位置が整った結果、脚が真直ぐ
になります。

筋肉を使っているということは骨の位置を動かすことにつながるのです。

しま接骨院では、正しい「立ち方」・「歩き方」をお伝えいたします。
正しい「立ち方」・「歩き方」をすれば、筋肉に不要な力が入らず緊張しないので、骨格のバランスが整うため、 血液やリンパの流れも整い、
代謝機能が改善してカラダがどんどん健康になっていきます。
プライマリーウォーキング®のノウハウを活かし、健康へ導きます!!

2019.06.08

お悩み その①

皆さんのお悩み、その①

『O脚で悩んでいる』
日本人のO脚の割合はなんと8割以上とも言われています。

O脚の正体はつま先体重で、かつ「内股」になっているからです。
つま先が内に向いている状態で歩くと体重が脚の小指側に乗り、
小指荷重で歩行することになります。
その結果、ふくらはぎの外側が鍛えられて太くなってしまいます。
また、さらに悪い事に外側が鍛えられて太くなるのとは逆に、
内側は荷重されないので、鍛えられずに廃用性萎縮を起こし、
細くなってしまいます。

この組み合わせがO脚を作ってしまうのです。
さらにO脚の人は猫背にもなりやすいですが、
かかと体重にシフトすることによって筋肉の使い方が変わります。
筋肉を使っているということは骨の位置を動かすことにつながります。
不自然な筋肉の使い方を正すことで、
不適切に発達した筋肉が細くなっていった結果、
脚が真直ぐになり骨の位置が整ってきます。

しま接骨院では、正しい「立ち方」・「歩き方」をお伝えいたします。
正しい「立ち方」・「歩き方」をすれば、筋肉に不要な力が入らず緊張しないので、骨格のバランスが整うため、 血液やリンパの流れも整い、
代謝機能が改善してカラダがどんどん健康になっていきます。
プライマリーウォーキング®のノウハウを活かし、健康へ導きます!!

2019.06.06

お待たせ致しました。。。

『骨で立つ!身体改革』 しま接骨院の島田祐輔です。

以前より「今度、すごく良いインソールの販売します!」
とお伝えしてきましたが…
ついに、念願のインソールが完成し販売することができます(/・ω・)/
『37プライマリーウォーキング®インソール』

日本国内の匠の職人が一つ一つ手作りで作成。

現代人は90%以上の方が足のバランスが悪化していると言われています。
外反母趾、扁平足などの足トラブルや、膝、腰の痛み、タコやウオノメは足バランス悪化のサインです。

国民皆保険制度の廃止、年金制度の崩壊がささやかれている今日。
健康寿命の延伸・自立歩行の確立を目指さなければならい状況になりました!そんな中、プライマリーウォーキング®が現れました。
健康は足元から!足元から、カラダ全体のバランスを整える、
37プライマリーウォーキング®インソール

しま接骨院で行う立ち方、歩き方は、
プライマリーウォーキング®といい、より少ない筋力で立って歩くという効率の良い立ち方歩き方の行動療法です。
そこにインソールを装着すると、前方向、横方向、そして後ろ方向と全ての方向の安定性を実現できます!
また、特許申請中の技術により歩行時の快適性も両立!
立つという安定性と歩くという不安定性の矛盾を
37プライマリーウォーキング®インソールは確立させました。

さあ!皆さんも、この奇跡のインソールをお試しください。
37プライマリーウォーキング®インソールは、足元から健康を叶えます。

2019.05.31

正しい歩き方って??

『しま接骨院Blog』にお越しいただきありがとうございます!
『骨で立つ!身体改革』 しま接骨院の島田祐輔です。

みなさんは、正しい歩き方って知っていますか?
ひざを上げて歩く、運動会や高校球児の甲子園入場みたいな行進歩行を考えましたか?
しま接骨院の教えるプライマリーウォーキング®では行進歩行はNGです。
どちらかというと真逆でひざを上げません。

ひざが痛くなって病院に行ったら先生に筋肉が足りないから、
老化だからと言われてきていませんか?
歩行中につまずく方は「ひざをもっと上げなくちゃ!」と思っていませんか?
このままひざを上げる歩き方を続けていると痛みは引かない、つまずきやすくなっちゃいますよ。

行進歩行と当院が行うプライマリーウォーキングの違いは『腸腰筋』の使い方が違うのです。
膝を上げて脚を前に出す使い方は腸腰筋が縮みます。
行進歩行は腸腰筋が縮めるのを繰り返しながら前に進みます。
プライマリーウォーキングは腸腰筋を伸ばしなが前に進みます。
腸腰筋は縮め続けると、腰や背中が前に曲がってきます。。。

『①曲げて、②伸ばして、③落として、④乗る』

これがプライマリーウォーキングの基本です。
文章では分かりづらいのですが…

当院では、痛みの治療+今後痛みの出ない身体づくりに特化しております。
『正しい姿勢』『正しい歩き方』で今後痛まない身体作りをサポートいたします。

2019.05.20

外反母趾について その②

外反母趾について その②をお伝え致します。
今回は『タコ・ウオノメ』についてです。
その①はこちら!

外反母趾の原因は
『つま先体重+足趾を握ってる』です。


つま先体重になり足裏のつま先部分(足趾の付け根部分)の
負担が局所的に多くなり、
その部分を守る為に、
体が「防御反応」として、
角質を厚くしたものがタコになります。

そのタコが皮膚呼吸をして、
角栓化したものがウオノメになります。

 

要するに、
タコ・ウオノメが出来ている部分は、
そこに負担が多くかかっている(刺激がかかってる)
という証拠
になります。

皮膚の処置を上手にやっても、
繰り返すタコ・ウオノメは、
立ち方、歩き方、身体の使い方を改善させることで、
自然と治って、吸収されていきます。

 

 

足趾の間のタコ・ウオノメは、
指が縮こまり、
指同士がぶつかってしまい、
爪や骨の固いところに圧迫されて、
出来てしまいます。

これも、
指をしっかり使えるようになれば、
改善されていきます。

結論として、
タコ・ウオノメの根本治療は、
立ち方、歩き方、身体の使い方を改善させることです。


2019.05.17

外反母趾について その①

今回は、
当院に問い合わせが多い『外反母趾』についてです。

最初にお伝えします。
外反母趾は改善します!!

外反母趾の治療というと、一般的に思われがちなのは…
「手術」で、出っ張った骨を 切る・削る、
はりがねやネジ を入れて,まっすぐにするというイメージが強い方が多いようです。

病院やクリニックでは、対症療法による選択になってしまいます。
湿布薬や飲み薬の処方、注射や痛み止め、
サポーターやインソール、自分用の靴を作るなど…
変形が進行すると…「手術」を提案されてしまいます。

しかし!
手術をして、変形が治っていても痛みが治らないという方が多いのが現実です。。。
これって骨の変形が原因ではないのかもしれません!

当院では20代から90代の方々に、外反母趾治療を行っています。
ほとんどが女性の患者さんですが、外反母趾は男性にもなりますし、子供もなります。
靴を履かず裸足で生活しているような暑い南の国の方もなります。
ハイヒール、パンプスなどの先の細く、かかとの高い靴を履いている
女性だけに限った病気ではないんです!

原因を本やネットで調べると遺伝性、靴の問題、指が使えていない、筋力低下などなど…
はっきりとした原因はないのです。。。

しかし、『つま先体重になってる』+『自分で足指を握ってる』方が
ほとんど外反母趾になっているのです!
外反母趾に悩んでいる方は、足裏の母趾の下の膨らんでる下の所、
すねの裏側を押してみてください。

ツーンと痛いですか?
これは母趾を握っているサインです。筋肉を使い続けいるサインですよ!
次に母趾を握ったままつま先に体重を掛けてみてください。

母趾に痛みがでませんか?
『つま先体重になってる』+『自分で足指を握ってる』が本当の原因なんですよ!!

私自身、小学生の頃より柔道をしていたので、投げ技をする際に畳を母趾でつかむので
支えている左足だけ外反母趾になってしまいました。

しかし、
『つま先体重になってる』+『自分で足指を握ってる』クセを直していくと
段々と改善していきます!

しま接骨院ではPeek A Bodyというシステムを採用しております。
患者様の関節をセンサーカメラが自動認識することで、カラダの状態を「見える化」し、
姿勢をチェックしていきます。
そして正しい姿勢に導いたのち、外反母趾専用のテーピングによって治療いたします。
また、外反母趾の方は歩き方も悪くなってることが多いです。
外反母趾の改善につながる歩き方の指導も、併せて行っております。

正しい姿勢、正しい歩き方、テーピング矯正という総合的なアプローチで、外反母趾を改善に導きます。

辛い日々にサヨナラし、もっと生活を楽しめるようになってみませんか?
任せてください!
人生変えちゃいますよ!

お問い合わせはお気軽にどうぞ(^_-)-☆

2019.04.09

正しい立ち方って?

『骨で立つ!身体改革』 しま接骨院の島田祐輔です。

 

みなさんは、「正しい立ち方」って知っていますか?

背筋をピンと伸ばし、胸を張った姿勢、いわゆる『気を付け』の姿勢を考えましたか?

 

小さい頃、お母さん、先生から「ちゃんと立ちなさい」などと言われたことはないですか?

「ちゃんと立つ姿勢」=「筋肉を張らした気を付けの姿勢」と頭の中に構築されています。

しかし、筋肉を張らした気を付けの姿勢で長時間立っていられますか?

私には無理です…

 

「ちゃんとした姿勢」の『ちゃんと』を具体的に説明できますか?

しま接骨院ではプライマリーウォーキング®理論により「ちゃんと」を懇切丁寧にお伝え出来ます。

 

ちゃんとした姿勢(正しい立ち方)とは、頭の先からつま先まで、より少ない筋肉で立っている状態=『骨で立つ』のことを言います。

骨で立つ立ち方をすれば血液やリンパの流れに変化が出てきます。

血管、リンパ管は全身をめぐり、栄養や酸素を運んでいます。

筋肉を使いすぎる立ち方をしていると血管、リンパ管の流れを阻害してしまいます。

むくみや痛み、病気を引き起こす原因になります。

 

また、より少ない筋肉での立ち方(骨で立つ)をするとストレートネック、猫背や腰、ひざの痛み、O脚、外反母趾も改善できます。

 

しま接骨院では、問診、検査を重要視しています。

まず患者さんの身体の状態を聞き、姿勢を検査し、痛みの原因を細かく調べ、最適な治療を提案いたします。

そして『骨で立つ良い姿勢』で今後痛まない身体作りをサポートいたします。

 

しま接骨院は治療だけで終わらない治療院です。


※写真は実例の一部であり、効果や感じ方には個人差があります。

2019.02.05

プールウォーキングって健康にいいの?

みなさんは、
お医者さんやリハビリの先生、当院以外の治療院の先生に
プールでのウォーキングをすすめられたことはありませんか??

膝のため、股関節のため…

と思ってプールにてウォーキングを行っているのであれば、
残念ながらほとんど意味がないです。。。
もちろんケースバイケースの時もありますが、ほとんど効果がありません。
現に膝が痛く、ほぼ毎日のようにプールウォーキングをした人が段々と歩けなくなってしまったという方がいました…

「プールで歩くのは楽だから良いわよね~」
という方が少なくありません。
楽ということは、
筋肉や関節には負荷がかからないということです。

ということは、
鍛える効果はほとんどないということです。。

ただし、
健康のため、
身体を動かしたいから、
プールが好きだからという方にとってはとても良いと思います(/・ω・)/

しま接骨院では運動指導も行っています!
運動やトレーニングの仕方がわからない方
ぜひご相談ください!!

1 2 3