しま接骨院ブログ

2022.04.01

立ち方を変えると…

立ち方、身体の使い方を少しだけ変えると、こんな良いことが(/・ω・)/

立ち方を少し変えると骨盤の歪み(傾き)が変わります。骨盤は人体の要となる骨格です。
ここを整えると何が起こるのか? 大いなるメリットを学んでモチベーションを上げましょう。

出腹が凹む
正しい位置にある骨盤って一体どんな骨盤なんでしょうか?
その答えのひとつは、極端な「前傾」や「後傾」が見られないこと。
「前傾」とは文字通り、骨盤が前に向かって傾いている状態。「後傾」は骨盤が後ろに向かって傾いている状態。

悪い姿勢の典型は骨盤後傾タイプ。
腹を下から抱え上げるような姿勢になるので、太ってなくても下っ腹が出ているように見えてしまいます。
見かけ上、とっても損。。。では、骨盤前傾タイプならいいかといえば、それもNGなんです。

骨盤が前に傾くと背骨の反りが強くなって前に押し出されてしまうので、こちらは上腹部がぽっこり出て見えてしまいます。
見かけ上、かなり損。。。
太ってないのにお腹ぽっこりという人、ダイエットよりまず骨盤から整えてみてください!

美尻になる
キュッと引き締まったお尻の土台となるのは骨盤です。骨盤が正しい位置にあれば、お尻や太腿の筋肉が持っている本来の力が保たれます。

姿勢が美しく整う
頭を支える柱は背骨、その背骨の起点となるのが骨盤です。
重い頭を支持しながらストレスフリーで立ったり歩いたりできる条件のひとつは、骨盤がニュートラルな位置にあること。
同時にそれは、「いい姿勢」の条件です。

歩き方がキレイになる
歩行と骨盤は、切っても切れない関係。
骨盤がニュートラルな位置にあれば、まっすぐに踏み出した足を着地させ、股関節を伸展させてスムーズに蹴り出すことができる。
これが理想的かつ美しい歩き方です。筋肉や関節に余計な負担をかけません。人生最後まで歩きたい人は骨盤の位置の見直しを!

筋トレの効果が得られやすい
キング・オブ・トレーニングのスクワットの標的はお尻の大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングス、ふくらはぎの筋肉、背中の脊柱起立筋と数多い。
お尻を後ろに突き出し、フィニッシュでは膝下と上体が平行になるのが基本フォーム。
骨盤は終始、やや前傾させておく必要がある。

骨盤がニュートラルな位置にあれば、このフォームは正しく行えるはずです。でも、これを骨盤後傾した人が行うとどうなるか?

上体を沈めるときに膝が前に出るので、大臀筋にはほとんど刺激が入らない。腰が反らないので脊柱起立筋にも効かない。
負荷のほとんどは大腿四頭筋に集中し、せっかくのスクワット効果は半減してしまいます。

いずれの筋トレ種目でも同様。正しいフォームで効果を得たければ、まずは骨盤を整えることから!

立ち上がり動作が楽になる
ふかふかのソファに沈み込んだ姿勢から立ち上がるのはとっても難しいですよね。なぜかというと、ソファに沈み込んだ座り姿勢では骨盤が後傾しているから。。。

骨盤を立てて座ると座位と立位の重心線の差が小さくなり、スピーディに立ち上がれます。

猫背姿勢で骨盤が後傾していると、座ったときの重心線は通常より後ろに位置します。
なので、太腿の前や後ろの筋肉をより多く動員しないと立ち上がれない。一方、骨盤を正しい位置にキープして座れば、いつでもスッと若々しく立ち上がれます!

運動パフォーマンスがアップする
早稲田大学の研究グループの報告によると、骨盤後傾姿勢では運動パフォーマンスの低下が起こりやすい傾向があるといいます。

構えの姿勢から短距離のダッシュを行う実験で、骨盤をニュートラルにした場合と、意図的に前後傾させた姿勢の運動パフォーマンスを比較すると、
構えの姿勢で骨盤を後傾させると動作開始時間が遅くなり、ランの推進力となる地面反力の値も低いことが分かったそうです。

 

肩こり・腰痛が軽減する
骨盤が本来あるべき位置に収まっていないということは、カラダのどこかに余計な負担がかかっています。

骨盤が後傾すると背骨の上部、胸椎が後ろに強く彎曲して頭が前に出る。もうご存じのスウェイバック姿勢がこれ。
頭の重みを受け止めるために首が頑張って凝りや痛みが生じる。加えて肩が前に入った巻き肩姿勢になると肩こりの原因に。

一方、骨盤前傾タイプは背骨の下部、腰椎が前に強く彎曲する。すると背骨を覆う脊柱起立筋が常に緊張を強いられて腰痛を引き起こす。

骨盤の前後傾がすべての肩こり・腰痛の元凶とは限らないが、結果的に骨盤が正しいポジションにないケースがほとんどだ。
ならば骨盤をどの筋肉にも負担をかけない本来の位置に戻せばいい。

2022.03.25

保護中: 正しい立ち方、歩き方の説明

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2022.03.14

2022年3月18日プライマリーウォーキングセミナー

2022.03.11

しま接骨院・整体院と他院の違い

こんにちは!しま接骨院・整体院です(/・ω・)/

初めての場所に行くということは、期待とともに不安や緊張も付きまとうものです。
不安や緊張は施術の効果に多大な影響を与えますので、当院に初めてお越しいただく方の不安を少しでも解消できるよう、ぜひともこちらの記事を最後までお読みください。
こちらの記事を最後まで読んでいただくと、当院に来院するのはもちろんのこと、他の整体院様へ来院される時にもお役に立てる情報となっています。

私は常日頃から、「誰にでも効く魔法のような手技というものはありませんから、一般の方でも身体に対しての知識をつけて自分に必要な施術を選べるようになりましょう。」
ということを、お客様にも伝えています。
整体院での施術も、施術者とお客様の相性などもありますので、院のコンセプトや施術者の考え方、どの様な施術を受けることができるのか事前に知っておくということはとても重要です。

その点をふまえまして今回の記事では、実際にお越しくださった方からのご意見やご感想をもとに
当院の特徴をご紹介いたします。
お客様一人一人の状態によって実際に行う施術内容は変わりますので、あくまでもその様な傾向にあるという認識で読み進めていただければと思います。


カウンセリングや説明にしっかりと時間をかけます

どこに行っても良くならなかった、長年症状が続いているという方も当院には多くいらっしゃいます。
その方には、一般的な施術方法がその方には合っていないという背景があります。
同じ内容を繰り返して大切な時間を無駄にしないように、カウンセリングや施術に関わる説明はしっかりと時間をかけて行います。

一例としては
・これまでの経過
・今までに試した施術法で良かったものと合わなかったもの
・医師や他院での説明で不足している部分の解説
・あなたの状態がなぜ良くならないのかの説明

特に、医師の説明では正しく理解できていない、納得できていないと感じていた方には、説明がわかりやすいととてもご好評を頂いております。


しま接骨院・整体院の考え方
お客様によって、プログラムの内容は変わります。
他院のホームページを見ていると、
・当院は○○という治療法を用いています!
・当院は○○テクニック(○○メソッド)が受けられる院です!

という説明も数多く見受けられます。
何か特定の手法を推している院は、
「どんな施術を受けることができるのか初めての方にもわかりやすい」
というメリットがありますが、相手に合わせてやり方を変えるという技術の幅が無い院も少なくありません。
変化が見られないのにも関わらず数カ月や年単位で通い続け、時間とお金を無駄にしたという話を耳にすることもあります。
できる限り早く改善していただくためには原因を見極める考え方を鍛えることに重きを置き、特定の手法にこだわるのではなくその幅を広げるために研鑽し続けています。


当院の施術に対する考え方

当院は「この施術がすごいので受けて下さい」といった様な考え方ではありません。
西洋医学とは違い、慢性的な悩みを持っている身体の状態は、原因が不明な場合が多いです。
ある人には〇〇という施術方法はすごく効果があったけど、ある人には全く効果がなかったという事も多くあります。
重要な事は、人に合った施術をカウンセリングや身体の評価などから判断して、最適な方法を考えるという事が大切です。
当院にも、各々の施術者が得意な施術方法も存在しますが、それに囚われてしまってはいけないと考えております。


習慣の改善をテーマにしています

モノやサービスに溢れ、戦後と比べると豊かになった現代では「生活習慣病」という言葉が広く浸透してきました。
その背景には、運動不足や栄養過多が挙げられますが肩こりや腰痛など身体の痛みも、まさに生活習慣から起こります。
痛みや不調は何もないところには起きません。
運動不足から始まる、姿勢や歩き方など日常での「身体の使い方やクセ」が痛みや不調に繋がるということは、頭ではわかっていてもそこに真剣に取り組める人はなかなかいません。
しかし多くの場合、不調の原因は「身体の使い方やクセ」にあります。
一時的な改善と再発を繰り返すという方は、座っているときの姿勢、立ち方、歩き方など、日常での一つ一つの身体の使い方に向き合い、
痛みを引き起こす習慣を改善することでしか根本的な改善にはなりません。
しかし、身体のクセも長年の積み重ねですので、簡単に改善はできない上に期間や回数を要することも多いです。
一人では続けられないからこそ、専門家と二人三脚で立ち向かうのです。
心から改善を望む方からのご連絡をお待ちしております。

2022.01.06

仕事もプライベートも「早起き」でうまくいく!

人生が変わる!早起きのメリット

そもそも、早起きにはどんなメリットがあるのでしょう。
脳科学の研究などからも、朝起きてからの2、3時間は「脳のゴールデンタイム」と言われています。

寝ている間に私たちの脳は整理整頓され、朝起きたときには整備されたグラウンドのようにきれいな状態になっています。

そのため朝は頭がフル回転しやすく、スピーディーに情報処理が進むので、仕事や勉強に集中しやすい。
つまり、早起きのメリットとは、仕事でも勉強でも、やりたいことに効率的に取り組める、ということです。

また、やることに追われてばかりで、
「今日もやりたいことができなかった」「こんな生活でいいのか」と悩む方もいらっしゃるかもしれません。
そんなふうに、自分に自信を失っている人こそ、ぜひ早起きにチャレンジしてみてください。朝早く起きるために時間を管理し、
「1日をコントロールできている」という感覚を積み重ねることで、自分に自信を持てるようになります。
「自分はできる」と信じる気持ちがモチベーションアップに繋がり、パフォーマンスを高めることができるのです。

そして何より、早起きは人生を楽しむゆとりを作り出します。1日で最も頭の働きがいい時間に自分がやりたいことをやってみる。
そうやってワクワクしながら1日をスタートできることこそ、早起きの「最大のメリット」です。

 

無理なく続ける早起きのコツ

早起きを習慣にしている人とそうでない人がいますが、その違いはほんのわずか。
「早起きしなくては」と強く意識するほど、つらさばかりが勝ってしまい、かえってモチベーションが低下してしまいます。
早起きを続けたいなら、頑張ろうと意識しすぎないことが大切です。

次にポイントになるのは、動機・睡眠・リズムの3つです。
まずは早起きが楽しいものだと思える動機をつくること。
目的があれば、早起きはグンとスムーズになります。
そして、目的の持ち方にもコツがあります。
人が行動するときの動機は「快の追求」、あるいは「不快からの逃避」と言われていますが、
目的を決めるときは「快の追求」をもとに考えると、モチベーションが高まります。
例えば「ジョギングしないと太っちゃうから早起きしよう」は不快からの逃避、
「ジョギングしたいから早起きしよう」は快の追求です。
早起きの目的には、自分がワクワクするような何かを設定しましょう。
読書でも英会話でもヨガでも、自分がやってみたいと思えることであれば何でもかまいません。

動機ができたら、今度は気持ちのいい朝を迎える準備を進めましょう。
ぐっすり眠れば、朝スッキリ目覚められるのです。
ポイントは、眠りにつく前の夜の過ごし方です。
いい眠りを得るためには、体内時間の調節に関係するメラトニンというホルモンの働きが重要なのですが、
強い照明を浴び続けるとメラトニンの分泌が抑えられてしまいます。
これを避けるため、寝る少し前には照明を暗くし、スマートフォンやテレビなどの強い光を浴びないようにしましょう。
また寝る直前の食事やカフェインやアルコールの摂取、入浴も避けたいところです。
ぐっすり寝て、すっきりと目覚めるためにも、夜の時間にあまり自分に負担をかけないように意識してみてください。

そしてリズムです。
何時に寝て、何時に起きるのか、リズムを固定することで早起きを続けられるようになります。
どんなリズムが自分にとって最適か探るためには、就寝時間と起床時間を手帳などに記録するのがよいでしょう。
自分がすっきり起きられる睡眠時間は何時間か、目標の時間に起きるためには何時にベッドに入ればいいのかが、
把握できるようになります。
慣れるまでは手帳を確認しながら、生活のリズムをつくっていきましょう。
休日もできるだけ同じリズムで過ごしましょう。
休みだからと寝だめをしてしまうと、せっかく整えた体内時計が狂ってしまうのです。

 

朝時間の有効な使い方

早起きして得られた朝時間を有効に使うコツをご紹介します。

脳が効率よく働く朝は、最小のエネルギーで生産性を高めることができる時間帯ですが、
起きた直後は副交感神経が優位になっており、頭がぼんやりしています。
日光を浴びたりシャワーを浴びるなどして、交感神経に切り替わるよう働きかけてみましょう。
自分の心を満たすルーティンを起床後に持つことも大切です。
とびきりおいしいコーヒーや紅茶を飲む、好きな音楽を聴くなど、自分の心にエンジンをかけてくれるルーティンをつくりましょう。
すぐにエンジンがかからない人は、一度外に出て軽い運動をしてみてください。
交感神経が優位になり、身体が活動モードになります。

起床後の2、3時間は集中力が高まるため、思考力を必要とするタスクに取り組むことをおすすめします。
朝に向いたタスクとして「まとまった時間が必要で集中力が求められる勉強や仕事」
「苦手意識を持っており、もう一度チャレンジしてみたいもの」などがあります。
また集中力を発揮するコツは、時間を区切ることです。短距離走を繰り返すようなイメージで、タスクごとに小さな締め切りをつくり、
1つずつ取り組んでいくとより集中力が高まるといいます。

「早起きしてもやる気がでない」そんなときは無理に動こうとせず、やりたくなる環境に身を置くことを考えてみましょう。
近所のカフェにでかけてみたり、早朝から営業しているジムに通うなど、環境を変えてみるのも一つの手です。
あるいは、計画していた行動のハードルを低くし、簡単にできることから取り組んでいくといいでしょう。
インスタグラムで「#早起き」のハッシュタグを検索するなどして、同じ目標や趣味を持つ人を見つけるのもお勧めです。
誰かが頑張っている姿を見ると、自分も頑張ろうという気持ちになるからです。

ここまで、早起きのメリットやコツをご紹介してきましたが、早起きはあくまでスタートです。
時間の使い方を見直し、ゆとりある生活を手に入れることで、新たなチャレンジや人生の楽しみを見つけることができるようになります。
起きる時間をいつもより早めて、素敵な1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

2022.01.06

2022年あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます!
本年も宜しくお願いします!

2022年も皆様にとって幸せが多い1年になるように、
健康のお手伝いができたらと思います。

常に知識、技術のアップデートをし、
皆様にお伝えできるように精進いたします。
本年もどうぞよろしくお願いします。

しま接骨院
島田 祐輔

2021.12.21

『年末年始のお知らせ』

『年末年始のお知らせ』

きらびやかなイルミネーションが街を彩る季節となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

年末は、29日(水)まで営業しております。
年末の予約がだんだん埋まってきております。
ご都合がわかる方は早めのご予約をお願いいたします!
良い状態で新年を迎えられように…


年始は、4日(火)から営業いたします。

身体も心も整えてコロナにも負けないよう万全状態に!
正月も仕事だった( ;∀;)
という方も是非、身体を整えて疲れが出ないように!

師走は日ごろ慣れない仕事や用事などが立て込みますので、
皆様、体調を崩さないように気を付けてお過ごしください。

2021.11.18

注目のオイル「MCTオイル」って何??

オイルといえば、アマニオイルが浸透しているように感じますが、
注目のオイルは「MCTオイル」です。

中鎖脂肪酸100%の油のことをMCT(Medium Chain Triglyceride)といいます。
「MCT」の主成分、中鎖脂肪酸は、ココナッツやパームフルーツに含まれる植物成分です。
MCTは、一般的な油よりもすばやく消化・吸収され、
すぐにエネルギーになりやすいという特長を持っています。

油の特性は脂肪酸の種類や長さによって異なります。
脂肪酸の長さで分類するとキャノーラ油やラード、オリーブオイルなどの
一般的な油は「長鎖脂肪酸」と、その長さの半分が「中鎖脂肪酸」があります。

中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べて長さが短いため、水になじみやすい特長があります。
そのため、一般的な油と代謝回路が異なり、すばやくエネルギーになりやすいことが特長です。
長鎖脂肪酸の油は、小腸で消化吸収されたあとリンパ管や静脈を通って
脂肪組織や筋肉、肝臓に運ばれ、必要に応じて分解・貯蔵されます。
中鎖脂肪酸は、小腸から門脈を経由して、 肝臓に入り分解されます。
一般的な油と比べ約4倍速く分解され、短時間でエネルギーになることが特長です。
これまで医療現場でMCTは利用されており、健康分野やスポーツ現場での活用に広がり、
今後は認知症予防としても注目されています。

個人的には「ココナッツオイル」が流行ったな(/ω\)という肌感覚ではありましたが、
スポーツ現場では競技種目などによってはMCTオイルが効果を発揮できそうだなと感じました。
○○が良いといわれると、なんでも利用しがちですが、
栄養はチームプレーなので利用目的と他の栄養素とのバランスはとても重要なことも忘れずに。。

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

MCTオイル カプレオ (coconut oil)  270g×6本 健康オイル・ダイエッターに人気の痩せるオイル 

MCTオイル カプレオ (coconut oil) 270g×6本 健康オイル・ダイエッターに人気の痩せるオイル 
価格:9,990円(税込)300 ポイント

2021.10.28

30代の私にも関係がある!シニア期の課題『フレイル』って?

皆さんは「8月4日」が何の日だったかご存じです?

オリンピックが盛り上がっていましたが実は2017年に日本栄養士会が
8月4日を「栄養の日」、8月1日から7日を「栄養週間」として、
全国の管理栄養士・栄養士とともに、
日本中のみなさんの「栄養を楽しむ」生活を応援する取り組みを実施しています。
コロナの影響で昨年度からオンライン開催となり、
市民公開講座なども気軽に参加できるようになりました。

現在日本は人生100年時代と言われる中、
過栄養・低栄養の二重の栄養不良を抱えています。
シニア期は低栄養・サルコペニア・フレイル・ロコモなどが課題とされていますが、
シニアを迎える前からの栄養問題や意識がとても重要です。
栄養の日の取り組みも若い人向けに発信される内容が多いです。
まずは知る事からということで今回はシニア期で課題となっている
「フレイル」についてご紹介します。

●フレイルとは
フレイルとは「加齢とともに心身の活力(運動機能や認知 機能等)が低下し、
複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態
であるが、一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上 が可能な状態像」とされており、
健康状態と要介護状態の中間で心身機能が低下しつつある状態と言われています。

健康寿命の延伸のため、介護予防の取り組みよりも早期な視点として
フレイル予防が脚光を浴びており、フレイルは介入・支援次第で健康状態に戻れる状態なので、
いかに早期に介入できるかがポイントです。

図1にフレイルサイクルを示していますが、
フレイルの入り口は「食事」であり、栄養が不足し低栄養になることで
筋量低下から身体機能低下、認知機能低下、食欲の低下とより
低栄養を引き起こしてしまうサイクルを作ってしまいます。
いかに低栄養にさせないか、低栄養を見つけるか、ここも重要な介入ポイントになります。

6か月間で2~3kgの体重減少があった場合、BMIが21.5未満という方は要注意です。
体重計測ができない場合は、
両手の親指と人差し指で輪っかを作り、 ふくらはぎの一番太い部分に当てます。
輪っかが作れ、ふくらはぎと隙間ができる状態(輪っかよりふくらはぎが細い状態) はフレイルの可能性が高くなります。

また、フレイルは身体的な面だけでなく、
図2にあるように 精神的側面、社会的側面と多面的な側面をもつ特徴があります。
独居や孤食は栄養不足になりやすく、身体面だけでなく精神面にも大きく影響しています。
自らの取り組み次第で健康に戻れるとされていますが、
医療・介護従事者だけでなく地 域や普段通っている治療院の役割も重要なポイントです。
特にコロナで友達との外食が減った、会う機会がなくなったという方は多いはず。
食事の機会だけでなく、運動の機会も減っているのでより要介護に近づいている方は増えているかもしれません。

図1
図2

●高齢期に必要な食と栄養は?
そんなシニア期の皆さんに必要な食事とは一体なんでしょうか。
たんぱく質をとりましょう!とよく言われていますが、まず低栄養はエネルギー不足の状態です。

エネルギー不足ということは主食が不足している可能性があります。
食事相談している際も、年少児(幼児・3歳前後の子供)よりも食べている量が少ないというシニアの方が多くいらっしゃいます。
シニア期の1食で食べてほしいごはん量はおおよそ150gくらいです。
幼児は100g程度なのですが、幼児と同じかそれ以下の方がいらっしゃいます。
糖尿病食事療法のための食品交換表でも1食あたりごはん量は150gの記載があります。
(単位により異なる場合あり)
主食量の減少やごはんをカットしている方は糖質制限の影響だと思いますが、
エネルギー不足を促している可能性はあります。
食材は1つの栄養素で成り立っていないので、
ごはんやパン、麺類にもたんぱく質やビタミン、ミネラルなども含まれています。
食事の量自体が減ってしまうと食事を食べる力・消化吸収する力も低下してしまうため、
治療で食事制限がない場合はむやみに食事制限をしないようにしましょう!

皆さんTVで話題になっているたんぱく質やオイルなどを意識している方が多いです。
もちろん必要な栄養ではありますが、 まず今ご自身が食べている主食量をチェックしてみましょう。
厚生労働省が高齢者のフレイル予防事業で作成した
「食べて元気にフレイル予防」にフレイル状態チェックと食事のとり方の案内がありますのでチェックしてみてください。
どのような食事や食べ方をしたらよいか、は個々によって異なりますし、
栄養はチームワークなので、○○を食べましょうとは言い切れないのが心苦しいところですがまずは現状把握が大切です!

●シニアライフ満喫は乳幼児期から始まっています。
シニア期を中心にお話してきましたが、シニア世代ではない皆さんに関係ないお話ではありません。
食事は毎日の食事 の積み重ね、食習慣が心身を作り嗜好を作ります。

また骨量のピークはハタチ頃なので特に10代の女の子はカルシウムやエネルギーが不足しないように心がけていきましょう!

さらに、10代~働く世代の皆さんは食事の欠食、特に朝食の欠食が多くみられます。
欠食によるエネルギー不足で疲労がとれないことやメンタルの不調を招く可能性もあります。
そういった積み重ねが過食や過剰な飲酒などつながるケースもありますので、
毎日の食事から栄養を摂りきる!○○の栄養素ばかりにこだわらずちょっと視野を広くもつこともフレイルにならないためには重要な習慣になってきます!

秋から冬にかけてインフルエンザが例年なら流行する時期ですが免疫力の要である腸を元気にする栄養素に「食物繊維」があります。
秋に旬を迎える「きのこ類」も汁物や鍋、炒め物、
なんでも合うので毎日食べるように意識してみましょう!

毎日が健康で楽しく生活するための食事の積み重ね。
このブログで食実践するきっかけとしてご活用いただけていると嬉しいです。

参考サイト:シニアライフ総研®、健康長寿ネット

2021.09.07

しま接骨院の新型コロナウイルス対策

①スタッフのマスク着用と手洗いうがい徹底
施術者含むスタッフはマスクを着用し、
出勤時や外出後は丁寧に手洗いを実施しております。

②スタッフの体調管理
毎朝検温を実施し、発熱などの症状がある場合は出勤を禁止しております。

③施術前後の手洗い除菌
患者様1人1人の施術の前後には、必ず手洗い・手指のアルコール消毒を行い、常に清潔を保つように心がけております。

④施術環境の衛生管理を徹底
患者様が使用した後の施術ベッドは、
タオルやカバーを毎回交換しております。
また施術に使う枕、胸当て、足枕などの清掃も以前よりも徹底しております。

⑤院内環境の衛生管理
・加湿空気清浄機を設置し常に運転させて、
一定の湿度を保つようにしています。
定期的に院内の換気を行っております。

・患者様やスタッフがお手を触れる所の消毒
待合室のソファ、ドアノブ、トイレの取手など
こまめにアルコール消毒を行っています。

 

1 2 3 4 5 6 17