ブログ

2018.05.15

正しい姿勢『骨で立つ』って??

『しま接骨院Blog』にお越しいただきありがとうございます!


人の身体にも同じことが言えます。
不安定な、ずれた骨格では、筋肉に負担がかかり常に筋肉を使っている状態になります。
これがコリや痛みの原因になります!

『骨で立つ』=良い姿勢(筋肉に不要な力が入らず緊張しない姿勢)

姿勢が悪いと「自覚がない方」が多いのはもちろんですが、
姿勢が悪いと「自覚していながら改善しない方」がたくさんいらっしゃるのが現状です。
まずは姿勢の乱れがどのような症状を引き起こすのかを理解して頂き、
何よりもあなた自身の骨格が正常なのか異常なのかを知って頂くことが大切だと感じております。

当院では、プライマリーウォーキング🄬理論を取り入れております。
「分析→治療→予防」という3つの観点から原因にアプローチすることで
患者さんにあったトータルケアを提供しています。
その中で、痛みの再発防止につながる「立ち方」「歩行指導」は
お陰様で患者さんからも高い好評を受けています。
骨格バランス分析(立ち方)と歩行動作分析を徹底して行い、
今後痛まない身体づくりを提供していきます。